認定院を探す

どうにもならないと決めつけていました。

どうにもならないと決めつけていました。

患者様:
ミーちゃん

趣味でピラティスをしていましたが、裸足にも関わらず、足指開くことやアートをつくることができず、無理をすると外反母趾が痛みました。

日常生活ににおいてはスニーカーを履いているもか関わらず、一旦外反母趾が痛み出すと、数ヶ月間は痛みが引きません。何をするにしても、じっとしていて横になっていてもますます痛くなるばかりで困っていました。腰痛・肩こりもあり良いことないで悩んでいました。

まず、お腹の体幹に力が入りやすくなり、姿勢が良くなったと実感できました。両足とも外反母趾でしたし、先生には諸々の処置の中で足にバンテージをして頂いて、アーチが作られた足裏になり歩行しやすくなります。気分も大変良くなります。立ち仕事もアーチがあると楽なんだと生まれてはじめて実感できました。又足裏・足の甲もマッサージすることは良いこと教えて頂き、どうにもならないと決めつけてちあ足について、よくしようと思う心が強くなり、とてもよかったと感じております。